メンズメイク メイン
メンズメイクtoB メイン

髪の毛は治らない

こんにちは。HIROKIです。

 

今日は髪の毛は治らないことについて書いていきます。

 

結論から入っていますが、髪の毛は治りません。髪の毛は毛母細胞が細胞分手列すること伸びていきますが分裂後の髪の毛の細胞は死んでいます。

 

よく、ダメージを受けた髪の毛を死んだなど表現してる方もいますが元から死んでいます。 この場合死んだといっている内容に違いはあります。

 

生きている細胞、例えば皮膚は傷つけば自己治癒します。ケガをしても時間をかけてふさがっていきますが髪の毛はそれができません。

 

100パーセント綺麗な状態は細胞分裂してできた瞬間です。そこからは毛穴から出てきて色々な刺激や環境でダメージを受けていきます。

 

カラーやパーマはダメージのイメージがつきやすいと思いますが極端な話、髪がこすれる、シャンプーをする、髪を切る、とかす、すべての行為がダメージにつながります。 

 

カットで傷むのは、生えたばかりの髪の毛は先細りです。カットする事で断面になります。切れないはさみや、定期的に研いでいないはさみではこの断面が汚くなります。切るというより潰れたようになってしまい枝毛の原因の一つにもなっています。糸などを切れないはさみで切るとバサバサにほつれて切れるのと同じ理屈です。

 余談ですが初めてカットするときの髪の毛でないと筆を作るとかできないのは毛先が断面になってしまっているからです。

シャンプーも髪に優しいものはあっても髪に良いものはありません。

 

髪の毛のダメージはダメージホールといって髪の中に穴が開いていくイメージです。トリートメントはその穴を埋めて一時的に綺麗な状態にしますが髪の毛が治っているわけではないです。シャンプーを繰り返すたびに少しづつ流れ出ていきます。洗浄力が強いシャンプーほど持ちも悪くなります。

 

ただ、トリートメントをすることでダメージに強くもなります。ダメージを肩代わりしてくれています。何もしていないと直接ダメージが広がっていくためです。美容室でのトリートメントはダメージを抑えて綺麗な状態を保ちやすくしてくれます。セルフだと表面のコーティングはできていても中にしっかりと浸透せさせることはなかなか難しいです。

 

髪の毛が自己治癒、もしくはトリートメントで治っているのであればバサバサになった髪の毛も艶々に戻りどんな施術も今までの履歴を気にずにすることができます。それはできないので髪の毛は治らない、髪のダメージは100からの減算で0に近づくと限界を迎えビビり毛になったり切れ毛、枝毛となっていきます。そうなったら切る以外綺麗にすることはできません。

 

ここ数年ダメージレスブリーチなどと詐欺まがいの売り方をしている方もいますがこれについてはまた別の時に書いていきます。

URUTIER OIL

こんにちは。HIROKIです。

 

今回は流さないトリートメント ウルティアオイルのご紹介です。

 

 

ちなみに流さない「トリートメント」とは言いますがトリートメントと同類ではありません。カテゴリーとしてはスタイリング剤になります。

 

以前のブログで書いたように髪の毛にとって脂質は3.5%ほどしか含まれていないので補修という意味での効果は薄いです。特に髪の内部になじむオイルの種類は限られています。

 

 なぜ流さないトリートメントかというとスタイリング剤といってしまうと、ワックスやスプレーなどと混同してしまい使用方法がわかりにくくなるのと、コーティングすることで手触りを良くしたり艶が出るためです。また、乾かすときの摩擦やドライヤーの過剰な熱から守ってもくれます。

 

 ここでこのウルティアCは髪の内部から保湿してくれるオリーブオイル、ローズヒップオイル、ダイズオイルの3種類が入ろうされています。

 また、ダメージや年齢により減少していく脂肪酸の「パルミトレイン酸」が豊富なアボカドオイル、マカデミアナッツオイルはいごうで補修効果も高いです。

べたつきを抑え酸化の安定しやすいホホバオイルや保湿効果の高いスクワランオイルにより質感もyわら角田持ってくれます。

 

またドライヤーの熱に反応してコーティング力が高まり手触りも良くなります。

ダメージ毛にはもちろん剛毛で硬い方やアイロンや縮毛矯正で硬くなりがちな方にもおすすめです。

 

URUTIER TRITMENT

こんにちは。HIROKIです。

 

今回はシャンプーに続いてトリートメント(ウルティアC)をご紹介です。

 

勘のいい方はCという部分でシャンプーはSなのにトリートメントでCとA・Bはどこへ行ったの??となるかもしれませんが先にCのご紹介です。

普段使いとしてはこのCがメインのトリートメントになります。

 

 

様々なダメージ補修に優れ保湿力がかなりしっかりしているためカラーやパーマでダメージを受けた髪にお勧めです。

 

保湿成分としては、ヒドロキシエチルウレア、セラミド2・3・6、フィトステロール、リピジュアなどが配合されています。

 

ヒドルキシエチルウレアとは尿素の一種になります。縮毛矯正やアイロンでの熱で固くなった髪を柔らかく導いてくれます。近年の研究で生卵に混ぜるとゆで卵にならなかったり、ゆで卵から生卵に戻すということが可能になったりましたがその技術に関係している成分です。

 髪の毛も主成分はタンパク質です。アイロンなどの熱ダメージでも水分を保持する力がなくなっていくためそれを解消する効果が期待できます。

 

セラミドは、タンパク質の一種ですが油分と水分の両方とくっつく効果があるのと分子量が小さい為浸透しやすいです。大体の物は、油分か水分の片方としか相性が良くない非常に珍しい性質で髪の補修をしてくれます。

 補修とは治しているわけではないですが隙間を埋めてくれたりコーティングで守ってくれることを指します。

 

フィトステロールも保湿効果や髪を柔らかくする効果があります。

 

リピジュアも保湿効果ですがヒアルロン酸の2倍の保湿力があり1グラムで12リットルの水分を保持できるといわれています。高級な化粧品にも使用されます。

 

他にも艶とハリを与えるキトサン、ドライヤーなどの熱によりコンディショニング効果を画期するγードコサラクトン、毛髪ダメージを抑えるリン酸アスコルビルMgなど髪にうれしい成分が配合されています。

 

 

と色々並べてみましたが、かなりマニアックなシリーズになります。ウルティアBやサロン専用のウルティアA、ウルティアBSでもまた違う成分なども配合されています。ダメージケアに欲しい機能が網羅されています。次回はウルティアオイルをご紹介しようかなと思います。ほかのA、B、BSはさらにしっかりしたケアでマニアックなために後に回します。

 

 

 

🌹URUTIER SHAMPOO🌹

こんにちは。to B のHIROKI です😆

 

当店で取り扱っているウルティアについて書いていきます。当店のトリートメントメニューでも使用しています。

 

このウルティアシリーズはダメージケアにお勧めです🎉

 

シャンプー、ウルティアB、ウルティアC、ウルティアオイルがホームケア品になりますが今回はシャンプーをご紹介します。プロのトリートメントではもう少し種類が増えます。

 

 

まず、ベース基剤になっているものがココイルグルタミン酸2Naという界面活性剤です。特徴としては肌や髪への負担がかなり少ない泡立ちのいいPPT系のシャンプーです🌠

他にもラウラミドプロビルベタインというベタイン系界面活性剤も使用されていてこちらも赤ちゃんにも使用可能な優しい成分です。負担の少ない界面活性剤を複数使用することで洗浄効果を高めても負担の少ないシャンプーとなっています😆

洗いあがりとしては、保湿効果が高いつくりの為しっとりします。

  

また活性酸素によるダメージを抑えるため抗酸化作用のあるエルゴチオネインやエイジングケア効果としてフルボ酸が配合されています。

 

水道水にも含まれる金属イオンを除去する効果のあるエチドロン酸が配合されているため髪のごわつきを抑えてくれます。

 

  金属イオンについてはカラーの発色を悪くもするので除去する事で艶が出やすくなります。

 

敏感肌の方にも使える校に抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kなども配合されています。

 

かなりマイナーなシリーズですが、髪のダメージケアに特化したシリーズです。弱った髪を強い髪へと補修して導いてくれます。

 

パーマやカラーを繰り返してダメージが気になる方にお勧めです🤣


トリートメントなどについても次回書いていきます。

👻ペニー〇イズ コスプレ(旧型)🤡

 

こんにちはHIROKIです😄

 

先日店内衣装を眺めていたら旧型ですがペニー〇イズの衣装があったためメイクをしてみました。

 

髪の毛も探したところマスクと一体型だったため、ウィッグにカラーワックスをつけてみたものと、使いどころが難しい赤のドレッドのウィッグで試してみました🙄

 

 

自撮りですが雰囲気作りで照明落としホラー感を出してみました😂

 

こんな感じです。

表情づくり苦戦中 笑

何とか狂気じみた表情作りたい

コスプレ撮影お待ちしています🤡

 

 

ハロウィンは終わりましたが特殊メイクのご予約もお待ちしています。

 

コチラのメニューはWillkyをご確認ください^^

大人女子😚のヘアカラー❤️

こんにちはHIROKIです。気温の変化激しいですね。 今回は、春におすすめのブルネットグレージュカラーです。

セクシーかつかわいい色ですね❤️

黄色味をおさえたグレージュカラーです。

少し赤みを残すことで艶感と透明感を両立しています✨ 個々の持っている肌の色やファッションに合わせて微妙な調整をかけて染めていくことで魅力溢れるヘアデザインになっていきます。

毛先にかけて少しグラデーションをかけることによって暗めのカラーでも重くなりすぎず軽く見えます❤️

デザインのあるカラーをしたいけど伝えるのが難しい😨、自分に似合うスタイルやカラーがわからないといった方ご連絡下さい✨ to Bではそういった悩みの解決ポイントを探して見つけていきます☺️