メンズメイク メイン
メンズメイクtoB メイン

✂️髪の毛ってこうなている2✂️

こんにちは。HIROKIです。

 

前回は髪の毛の構成成分でしたが、今回は構造について書いていきます。

 

髪の毛は中心からメデュラ、コルテックス、キューティクルの三層構造になっています。

  

よく、かっぱ巻きに例えられたりします笑

キュウリがメデュラ、ご飯がコルテックス、ノリがキューティクルという感じです。

 

この中でメデュラに関しては現代にかけてなくなってしまっている人も出てきているそうで役割がわかっていません。動物の毛はこの部分がしっかりあるそうです。

 

中間層のコルテックスは、かなり複雑になっています。色、弾力、強度など髪質はここで決まります。

 

アミノ酸、CMCやメラニン色素などのタンパク質の多くがここに含まれています。また、水素結合、塩結合、S-S結合の横の結合とペプチド結合の縦(螺旋)の結合とあります。

 

ペプチド結合が切れると枝毛、断毛になり元には戻りません。

 

そのほかの結合はまた別の時に掘り下げて書きます。

 

コルテックスはマクロフィブリルが集まっていて間を細胞間充物質で満たされています。この間充物質の部分にメラニン色素やNMF(天然保湿因子)が存在しています。

マクロフィブリルはさらに小さいミクロフィブリルが集まったものでここをマトリクスが満たしています。ミクロフィブリルはプロトフィブリルさらにフィブリルと続いていきます・・・。

最後にキューティクルですがよく耳にすることも多いと思います。

 

キューティクルは一番表面にあるうろこ状の物です。

 

キューティクルは基本的にはエピキューティクル、エキソキューティクル、エンドキューティクルの三枚のキューティクルが合わさったものといわれておりそれぞれ、薬品に強かったり、刺激に強かったりと特徴があります。

 

ただ、最近の顕微鏡の進化で8~11層ほど確認されるようになってきました。個人差などの要素もあるみたいです。

 

キューティクルがダメージを受けるとはがれてしまいそれによりコルテックスのタンパク質などが流出してダメージホールとなっていきます。それが進行すると切れ毛や枝毛となります。

 

キューティクルの特徴として濡れると開き、60度前後の温風でブローをすることで閉じられ艶が出ます。自然乾燥ではキューてゅいくるが閉じない為バサバサになって乾きます。これについてもまた詳しく書きます。

 

 

髪の毛ってこんな細いものの中にかなり複雑な構造があることが何となくわかっていただけたのではないかと思います。

 

まだまだ分かってないことも多いそうで研究が続けられています。

 

最近の進化系ドライヤーなどもその恩恵を受けています😆

 

髪の毛は一度ダメージを受けたら皮膚と違い死滅細胞であるため二度と治りません。研究が進んだら覆る可能性はあるそうです😻

 

今の科学では元には戻せないので傷めないことが重要です。トリートメントもその手段の一つで治しているわけではなく内部を満たして表面をコーティングして少しでもいい状態に近づけ手触りを良くしているだけで時間とともに効果はなくなるためにコーティングもはがれダメージが進行します😫

 

カラーやパーマを楽しむときはトリートメントで負担を減らすことをお勧めします。この辺も深くはまた書いていきます😁

 

女性の髪質の変化

こんにちは。HIROKI です

 

今回は女性の髪質の変化について書いていきます

 

なぜ女性かというと男性には少し当てはまりにくいからです。

 

髪の毛は女性ホルモンの影響を多く受けますが、もともと男性は少ないので影響も少ないです。とはいえ髪の成長にかかわっています。

 

女性は色々な場面で女性ホルモンのバランスが崩れます。

 

妊娠や出産の時期一時的に、うねりが出たり細くなったりするのもこのためです。毛母細胞というものが細胞分裂して髪の毛が伸びるのですが、その時綺麗な形でなくいびつになったり、髪の中のタンパク質の分布が偏ったりバラバラになることで今までとは違う、うねりとなります。

 

細くなるのも栄養が十分いいかなくなるため、痩せてしまうからです。

 

また、40歳くらいになると女性ホルモンが低下してきます。

 

ここからが本格的に髪の質が変わってきます。

 

今までなかったようなうねりが出てきたり、細くなるためボリュームが出にくくなります。

 

対策として、大豆イソフラボンが女性ホルモンに近いと言われていて、女性の髪質変化の予防や対策に良いと言われています。最近ではそこから抽出した成分配合の年齢用シャンプー、トリートメントも出ています。

 

因みに、当店で扱っているDapthのシェアシリーズにも配合されています

 

 

この大豆イソフラボンは男性には効果ないそうです

 

女性の中でも50%の方に効果がある頃がわかっています。検査できる機関などもあるそうです。

 

大豆製品を食べたりするのもいいそうです。

男性と女性で結構違いますね。

また、新しい情報が入っていたらまとめていきます👍

 


 


😫AGA(進行性男性型脱毛症)について😫

こんにちはHIROKI です。

 

脱毛の原因などちょっと知識深めようと調べてみました😄

 

今までは男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが原因と言うこと位の認識でした。ハズレではないのですが曖昧だったのでさらにといった感じです。

 

女性の髪質の変化についてもまた別の時に記載します。

 

 

 

男性ホルモンが脱毛の原因と関係はあったのですが、男性ホルモン全部が悪さをするわけではなかったのです

 

男性ホルモンにはテストステロンやジヒドロテストステロン(DHT)などがあるそうです。

 

通常はテストステロンとして存在しているのですがここに5αリダクターゼという物質と結びつくことによってDHTという物質に変わります。

 

この変化したDHTが男性ホルモンの中でも脱毛ホルモンとも呼ばれたりする脱毛の原因だったのです。

 

5αリダクターゼが増えることによりDHTの割合が増えていき薄毛から脱毛となっていってしまいます。

 

そこで、5αリダクターゼを抑制することでDHTの作成を阻害することができます。

 

食生活や生活習慣で改善できるそうですが進行していると薬などもあるそうです。 

 

 

 

to B としても何かできないかと考えてスキャルプケアの商材を調べてみる事にしました。

  

場合によっては取扱い商材の見直しもいるかと思っていたのですがさすがDepth、5αリダクターゼの抑制効果もしっかりありました😻

  

詳しい成分表などはシークレットなので、載せることはできないのですが育毛に関する成分もかなり含まれていて他の商材に切り替える必要がなさそうで安心しました☺️

 

シャンプー、トリートメント、トニック剤の全てのラインで抑制成分は配合されていますがフルで使ったほうが効果は高そうです。

トニック剤にしか配合されていない成分もあります😄

  

  

しっかり洗い、潤し、導入促進し栄養を与えるという感じです。

  

使用感などでおすすめできましたがちょっと新たな知識を増やしたことでさらにおすすめ度上がりました笑 

  

薄毛に悩まれてる方もお気軽にご相談ください。

😯髪の毛ってこうなってる1🙄

こんにちは。HIROKIです。

 

今日は髪の毛について書いていきます。長くなるので数回に分けます^^

 

今回は髪を作って(構成して)いるものについてまとめます。

 

 

まず、健康な髪の毛を構成しているのは基本的にはタンパク質、水分、脂質、です。

 わずかながらその他の物も含まれます。

 

割合としては70~80%がタンパク質、10~12%が水分、3.5%が脂質で残りがその他です。

 

ここで分かるのが脂質がそんなに重要ではないということです。

 

油分が足りなくて乾燥してますねー等いわれたことる方いませんか?

 

もともと油分はそんなにありません笑

 

じゃあ何が必要かとなりますよね。

 

一番必要なのはタンパク質です。7~8割もしめています。

 

因みにタンパク質はアミノ酸の集合体です。また、ppt(ポリペプチタイト)といわれたりします。

 

 アミノ酸シャンプーが髪に優しいといわれるのはこのためでもあります。

 

髪の毛がダメージを受けるとタンパク質が壊れて減っていきます。

 

減ることで水分や油分の保持力がなくなります

 

パサパサになっていくのはタンパク質が壊れていくからです。それにより水分の維持ができなくなります。どんなにパサパサでも水分は7%くらいはあります。

 

 含まれるたんぱく質の中には水分とくっつくものと油分にくっつくもの両方とくっつくものとあります。

 

一般の商品にも少し出てきているCMC類似成分などは、タンパク質と脂質の融合体で水分を保持してくれる効果があります。CMCという成分は実際に髪にある成分です。CMC類似成分はそれに近いものでいくつか種類があります。 

 

髪の毛にとって一番重要なのは油分ではなくタンパク質です。

 

 

ヘアケアになってきてしまったので後日、別記事にて書きます

ご予約お待ちしています。

✨市販と美容室専売の、シャンプーの違い✨

こんにちは、HIROKIです(^-^)

 

市販品と美容室専売品のシャンプーの違いと、大袈裟に釘打ったものの説明が難しいですね。トリートメントに関してもどこかで書きます。

 

まず市販品のいい部分  メリット

 

安い、誰が使っても仕上がりの差が少ない、手に入りやすい

 

市販品は基本的には安いです。また広告もバンバンされているので知名度も高く使っている人も多いです。取扱店も多いためどこでも買えるのも利点です✨また、誰が使って大丈夫な仕上がりになるように作られているため尖ったものは余りない為失敗も少ない

 

デメリット

 

安いなりの仕上がり、広告費が膨大、髪質に合うものが見つかりにくい

 

洗浄成分が高級アルコール系の界面活性剤メインの為洗浄力が強く洗いすぎる。金額に広告費の占める割合も多い為よりコストを抑える必要もあり弱酸性化もできない為より髪への負担は増える。シリコーンも油溶性になるため蓄積しやすい。一般の方が選ぶものなので髪質や状態に合わせたものは作りづらい。CMのような仕上がりにはなりません。当たり前ですがブローやアイロン、照明など色々なプロの手が入っています。

 

美容室専売品

 

メリット

 

洗浄成分がマイルド、求めたい質感などによって種類が豊富、水溶性性シリコーンにより蓄積しにくい

 

洗浄成分に関してはアミノ酸系、酸性石鹸系、混合系と多種多様にある。アミノ酸系でも色々あるが洗浄力は比較的マイルドなものが多い。酸性石鹸タイプは洗浄力はあるが弱酸性の為肌や髪への負担は少ない。髪質やダメージの状態によってサラサラからしっとり、カラーケアやくせ毛、年齢対応のものまで幅広くあり髪質に対しての特性も強い。シリコーンも基本水溶性の為蓄積によるべたつきが出にくい。作り手側も広告費はほとんどかけられてないのでその分質にこだわれる。

 

    アミノ酸系といっても色々あるので別の機会に書きます。

 

デメリット

 

価格は高い、取扱店は少ない、特性が強いため適当に選ぶとべたつきなども出やすい。

 

一般商品と比べ材料などもコストがかかるのと大量生産できないのもあり価格が落ちにくい。美容室によっても扱っているものが違うので手に入りにくい。特徴のあるものが多く知識もなく選ぶと失敗する。わかりやすく言えば処方箋がいる薬を素人知識で買うようなもの。基本的に美容師は髪質やシャンプーなどの特性を把握したうえでおすすめしてます。わからずに進める人はいないと信じたいw

 

特性が強いものになると素人さんの知識で適当にネットや量販店で購入した場合悪評が広まる可能性もあるのでメーカーさんは基本的には販売経路絞っています。古くなったものなど横流しする業者や閉店などで抱えきれなくなったものが出回ることもあります。悪質なものの中にはコピー品や中身を詰め替えられたものもあるそうです。

 

色々並べてみましたが、違いとしては知識が必要かそうでないかです。これが間違ってたりなかったりすると高いシャンプーなどを買ったとしてもあまりいい効果は得られません。むしろマイナスになることもあります。髪の毛自体再生能力もなければ、今の科学やトリートメントなどで髪の毛が治るとこはあません。極論美容室のシャンプーも優しくはありますが髪に良いものではないです。少なからず負担はあります。かといって洗わないのも不衛生で害になります。

 

シリコーンについてはこちら↓

 

髪の毛のダメージは治らないからこそできるだけ負担を減らしケアしていくのがいい状態を保つコツです。トリートメントは一時的に隙間を埋めたりコーティングをしているだけですがダメージにも強くなります。

 

 価格の開きはありますが、たとえは悪いかもしれませんが(失礼に当たるという意味で)安い牛肉とA5ランクの和牛の差くらいある感覚です。いいものは高いですがその分の価値は確かにあります。次回の更新も楽しみにしてください

 

質問も歓迎です。

🔥ノンシリコンシャンプーって何?いいの?🔥

こんにちは to B の HIROKI です。

 

ノンシリコンシャンプーってよく聞くけどどんなものか疑問に思っている方って結構多いです。よく耳にするからいいものだと思っている方も多いです。

 

今回はそこの部分を書いていきます💫

 

簡単に言うとシリコーン未配合のシャンプーです🌟

 

これ以上でも以下でもありません笑

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

って何の解決にもならないのでシリコーンについて書いていきます^^

 

そう、正確にはシリコンでなくシリコーンなのです🤩

 

でシリコーンにもいろいろ種類があります。大きく分けて油溶性と水溶性です。

 

シリコーンの役割としては、手触りを良くすることです。配合されていることにより髪の毛をコーティングするのでツルツル、艶々になります。

 

また、静電気を抑えてくれたり洗浄力を緩和してくれる働きもあります。

 

洗髪中の摩擦の軽減もしています。これって悪者と思いますか?

 

ここまでだとそうは思えないですよね🙁

 

悪者になった理由は後半記載します^^

 

シリコーンで毛穴が詰まるとか聞いたことないですか?

 

全くのデタラメです。シリコーンはキューティクルに吸着します。

 

基本的には健康なほど吸着します。ダメージ毛には吸着しにくいです。

 

油溶性のシリコーンは水に流れにくく価格も安価なため市販の物によく使われます。シャンプーしても簡単には流れないため徐々に蓄積していきます。

 

水溶性シリコーンは水に溶けます。なので価格も高く配合されると価格も高くなります。水に溶ける事から残留しにくく、洗うたびに余計なシリコーンが流されて蓄積しにくいためべたつきなどが起こりづらいです。

シリコンシャンプーが悪になった理由は一時期過剰に配合されていたせいです。 

 

名前は伏せますがメジャーなシリーズは大体過剰に入ってました。

 

配合していた理由はダメージを抑えてくれるのと手触りや艶が綺麗に出たからです。問題なのは過剰に入っていたシリコーンが油溶性だったこともあります。

 

使用するたびにシリコーンコーティングがすすみべたつきが出て乾きにくくなったり健康なキューティクルほど吸着するので一部の方が根元がべたべたにくっついたりしました。

 

美容師の間でもそのシャンプー使われている方を警戒するようになっていきました。

 

コーティングされすぎていてカラー剤がはじかれ染まらない😱パーマ材をはじいてかからないといったことが起こってました😨そういった方が使っているのが当時世間で人気のあった商品でした。最近は配合量は改善されたみたいです。それでもコーティングすごい方いますが。

 

こういった声が大きくなったころに出たのがノンシリコンです。

 

あるメーカーさんがこのシェアの部分に切り込むための戦略の一つでした。

 

完全にシリコンを悪いものだという戦略で一気にシェアを広げました。広告宣伝費すごそう笑

 

先ほど書いたようにシリコーンはダメージも軽減してます。←ここ重要🤔‼️

 

一般のシャンプー剤の基剤は高級アルコールがほとんどです。

 

基剤を言い換えると界面活性剤です。高級アルコールって初期洗い洗剤などによく使われています。それにシリコーンをたっぷり入れたものがほとんどです。洗浄力も肌への刺激も強いです。

 

それだけ洗浄力が強いものからシリコーン無くしたらギシギシになりますしダメージも半端ないです。そのギシギシ解消のためトリートメントにはシリコーン入ってますから。

 

入っていないということは摩擦も多く、さらに痛みます。シリコーン悪い物ですか❓❓

 

比較的洗浄力などマイルドなアミノ酸系などは高価なので市販ではなかなか出せません。宣伝費・・・

 

シャンプーや基剤についてはまた長くなるので別の時に書きます。

 

ノンシリコンシャンプーをお勧めすると、健康毛、細くてべたつきやすい方くらいではないでしょうか。あとはベリーショートなどの短髪の方メンズなどです。洗浄成分に気を付けたうえでですが。

 

ダメージ毛の方が使用するとダメージ加速します。

 

to B で扱っているDepthはノンシリコンですが頭皮への刺激は少なくロング用だと洗浄力もマイルドです。ショート用は7センチ以下の髪用なのでしっかり洗いますが肌への刺激はマイルドですし、酸性石鹸タイプのため髪への負担も少ないです。

 

 

髪の毛は治るものではないのでいかにダメージを出さないかです。

 

トリートメントも治しているわけではなくダメージに強く手触りを良くしているものです。トリートメントについても別記事で書きます。

 

まとめるとシリコーンの悪いところは油溶性の物だと蓄積しやすく過剰だとべたついたり、カラーなどの時に染まりづらかったりする。

 

いいところは、手触り、艶、シャンプーのダメージ軽減をする。

 

ノンシリコンはシリコンが入っていない物で、物によってはいいものもある。ダメージ毛の方には向かない。

 

少しはノンシリコンシャンプーの疑問解決しましたか?

 

ここで詳しく書けてないものについてはまた書いていきます^^

 

⚕️スキャルプメニュー⚕️

 こんにちは。 to B のHIROKIです。

  

今回は、当店で使用しているスキャルプケアのお話をします。

  

スキャルプケアをすることで頭皮環境が整い育毛に大きくやくだちます。

  

毛穴が詰まってしまうと炎症を起こしたり細毛の原因になったりもします。

  

to B での使用商材は Depth というものです。もともとは珍しく男性のために男性の肌を研究して開発された商材です^^

  

  

デザインもCOOLでかっこいい感じになってます。そのあと共用用のシリーズも出ました。

  

  

これを使用してスキャルプケアやヘッドスパをしています。

 

 炭酸クレンジングと組み合わせることによりさらに効果を高めることができます。 

   

炭酸クレンジングについてはこちらから

 

 

メンズ用のラインは、シャンプーが2種類に分かれています。あとは同一ラインです。

 

ショート用とミディアム以上用です。スキャルプケアをされる方はこれらから状態に合わせて選択してシャンプーします。ヘッドスパでは選択肢増えるのですがこちらも使用します。

 

ショート用に関しては、配合を見てみるとステアリン酸配合で洗浄力があり汚れをしっかりと落としてくれます。 しかし、マイルドにできているので肌への負担は少なくなっています。洗浄成分は酸性石鹸タイプになります。ノンシリコンです。どちらも泡立ち良くする成分も含まれてますが、しっかりプレーンリンス(お湯で流す)しないと泡立たないなんてこともあります。その場合は一度全体なじませたら流せば泡立つようになります。

 

なんかのCMでありそうなほど髪がキュキュッとします。自分もある程度の長さがあって使用してますがこれはこれでありです。女性でも結構好きな方も多いです。

 

ミドル用は少し洗浄力は抑えられている配合になってます。こちらはアミノ酸系の洗浄成分なので酸性石鹸に比べると洗浄力が抑えられているのも納得ですね。とはいってもちゃんと落ちます。キュキュッとした感じはないですがwダメージによりますが女性にも使いやすいのではないでしょうか。こっちもノンシリコンです。

 

 

こちらを使いヘッドマッサージをしていき効果を高めていきます。その後しっかりと流します。

 

トリートメントはスキャルプタイプとなっており頭皮につけて大丈夫なものです。保湿成分や育毛成分、などが入っています。ジメチコン(シリコーン)などは配合されてますが害はないので安心してください。詳しくは別のブログで記載します^^殺菌成分も入ってます。

 

 

起こしてからさらにエッセンスを使用して頭皮環境を整えていきます。

なんとこれは2種類使います。

 

一つは先に使用することでそのあとにつける育毛剤の効果を高めるタイプのもので医療でもつかられるナノカプセルの技術により成分をより浸透させてくれます。その後育毛剤をつけ導入マッサージを行っていきます。

 

ぜひ、カット+スキャルプケアでのご来店お待ちしています。リラックス効果も高いのでストレス解消にもなりますし寝れるので疲れも取れるとの声も多いです^^

😻炭酸クレンジング😻

こんにちは。to Bの HIROKIです。

 

今回はメニューにある炭酸クレンジングをご使用介します✨

 

聞いたことある方も多いと思います😃簡単に説明すると、炭酸水を使って頭皮や髪の毛をきれいにできます👏

 

ざっくりしすぎですね笑 

 

  

ここからは専門的に解説します☺️

 

まず炭酸水とは言っても飲料用の炭酸水では全く意味ありません(・д・ = ・д・)

 

というのも気泡が大きすぎるのとそもそもの作りが違うのです。美容室で扱っているものは二酸化炭素の混ざり方の違いから気泡が細かくなってます☺️

 

効果としては、血行をよくする、頭皮の皮脂を浮かす、水道水に含まれるカルシウムイオンを剥がす、シリコーンを剥がす、カラーやパーマなどのあとの残留アルカリを落とすなど様々です。

  

 

色々嬉しい効果がありますね( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆

 

ちなみに、血行をよくする部分ではちょっと変わった使い方としてむくんだときに塗りつけるとむくみを押さえてくれます✨

 

カルシウムイオンとは、水道水に含まれているのですが髪に吸着してしまうと手触りが悪くなります(。>д<)

 

シリコーンは今度詳しく書きたいと思いますが、付きすぎるとベタベタとしてしまったり乾きにくくなってしまうのですが、の力で剥がしてくれるのでべたついたときなどもおすすめです😁

 

余計なものを剥がしたあとにスキャルプトリートメントや、ヘアトリートメントをすることで効果UPすることができます☺️

 

ブリーチオンカラーのときにも使用することで発色もきれいになります。

 

当店では、缶詰めタイプの炭酸水ですが機械で行っているタイプと違い工場で詰められているので実は炭酸の性能はよかったりします(゜ロ゜;ノ)ノ 演出効果という点では負けますが笑

 

もっと掘り下げたことやその他のメニューの特徴もすこしづつ書いていきます✨