メンズメイク メイン
メンズメイクtoB メイン
  • home
  • メニュー
  • ギャラリー
  • 予約"
  • 交通アクセス
  • ブログ

✨市販と美容室専売の、シャンプーの違い✨

こんにちは、HIROKIです(^-^)

 

市販品と美容室専売品のシャンプーの違いと、大袈裟に釘打ったものの説明が難しいですね。トリートメントに関してもどこかで書きます。

 

まず市販品のいい部分  メリット

 

安い、誰が使っても仕上がりの差が少ない、手に入りやすい

 

市販品は基本的には安いです。また広告もバンバンされているので知名度も高く使っている人も多いです。取扱店も多いためどこでも買えるのも利点です✨また、誰が使って大丈夫な仕上がりになるように作られているため尖ったものは余りない為失敗も少ない

 

デメリット

 

安いなりの仕上がり、広告費が膨大、髪質に合うものが見つかりにくい

 

洗浄成分が高級アルコール系の界面活性剤メインの為洗浄力が強く洗いすぎる。金額に広告費の占める割合も多い為よりコストを抑える必要もあり弱酸性化もできない為より髪への負担は増える。シリコーンも油溶性になるため蓄積しやすい。一般の方が選ぶものなので髪質や状態に合わせたものは作りづらい。CMのような仕上がりにはなりません。当たり前ですがブローやアイロン、照明など色々なプロの手が入っています。

 

美容室専売品

 

メリット

 

洗浄成分がマイルド、求めたい質感などによって種類が豊富、水溶性性シリコーンにより蓄積しにくい

 

洗浄成分に関してはアミノ酸系、酸性石鹸系、混合系と多種多様にある。アミノ酸系でも色々あるが洗浄力は比較的マイルドなものが多い。酸性石鹸タイプは洗浄力はあるが弱酸性の為肌や髪への負担は少ない。髪質やダメージの状態によってサラサラからしっとり、カラーケアやくせ毛、年齢対応のものまで幅広くあり髪質に対しての特性も強い。シリコーンも基本水溶性の為蓄積によるべたつきが出にくい。作り手側も広告費はほとんどかけられてないのでその分質にこだわれる。

 

    アミノ酸系といっても色々あるので別の機会に書きます。

 

デメリット

 

価格は高い、取扱店は少ない、特性が強いため適当に選ぶとべたつきなども出やすい。

 

一般商品と比べ材料などもコストがかかるのと大量生産できないのもあり価格が落ちにくい。美容室によっても扱っているものが違うので手に入りにくい。特徴のあるものが多く知識もなく選ぶと失敗する。わかりやすく言えば処方箋がいる薬を素人知識で買うようなもの。基本的に美容師は髪質やシャンプーなどの特性を把握したうえでおすすめしてます。わからずに進める人はいないと信じたいw

 

特性が強いものになると素人さんの知識で適当にネットや量販店で購入した場合悪評が広まる可能性もあるのでメーカーさんは基本的には販売経路絞っています。古くなったものなど横流しする業者や閉店などで抱えきれなくなったものが出回ることもあります。悪質なものの中にはコピー品や中身を詰め替えられたものもあるそうです。

 

色々並べてみましたが、違いとしては知識が必要かそうでないかです。これが間違ってたりなかったりすると高いシャンプーなどを買ったとしてもあまりいい効果は得られません。むしろマイナスになることもあります。髪の毛自体再生能力もなければ、今の科学やトリートメントなどで髪の毛が治るとこはあません。極論美容室のシャンプーも優しくはありますが髪に良いものではないです。少なからず負担はあります。かといって洗わないのも不衛生で害になります。

 

シリコーンについてはこちら↓

 

髪の毛のダメージは治らないからこそできるだけ負担を減らしケアしていくのがいい状態を保つコツです。トリートメントは一時的に隙間を埋めたりコーティングをしているだけですがダメージにも強くなります。

 

 価格の開きはありますが、たとえは悪いかもしれませんが(失礼に当たるという意味で)安い牛肉とA5ランクの和牛の差くらいある感覚です。いいものは高いですがその分の価値は確かにあります。次回の更新も楽しみにしてください

 

質問も歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です