メンズメイク メイン
メンズメイクtoB メイン
  • home
  • メニュー
  • ギャラリー
  • 予約"
  • 交通アクセス
  • ブログ

🔥ノンシリコンシャンプーって何?いいの?🔥

こんにちは to B の HIROKI です。

 

ノンシリコンシャンプーってよく聞くけどどんなものか疑問に思っている方って結構多いです。よく耳にするからいいものだと思っている方も多いです。

 

今回はそこの部分を書いていきます💫

 

簡単に言うとシリコーン未配合のシャンプーです🌟

 

これ以上でも以下でもありません笑

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

って何の解決にもならないのでシリコーンについて書いていきます^^

 

そう、正確にはシリコンでなくシリコーンなのです🤩

 

でシリコーンにもいろいろ種類があります。大きく分けて油溶性と水溶性です。

 

シリコーンの役割としては、手触りを良くすることです。配合されていることにより髪の毛をコーティングするのでツルツル、艶々になります。

 

また、静電気を抑えてくれたり洗浄力を緩和してくれる働きもあります。

 

洗髪中の摩擦の軽減もしています。これって悪者と思いますか?

 

ここまでだとそうは思えないですよね🙁

 

悪者になった理由は後半記載します^^

 

シリコーンで毛穴が詰まるとか聞いたことないですか?

 

全くのデタラメです。シリコーンはキューティクルに吸着します。

 

基本的には健康なほど吸着します。ダメージ毛には吸着しにくいです。

 

油溶性のシリコーンは水に流れにくく価格も安価なため市販の物によく使われます。シャンプーしても簡単には流れないため徐々に蓄積していきます。

 

水溶性シリコーンは水に溶けます。なので価格も高く配合されると価格も高くなります。水に溶ける事から残留しにくく、洗うたびに余計なシリコーンが流されて蓄積しにくいためべたつきなどが起こりづらいです。

シリコンシャンプーが悪になった理由は一時期過剰に配合されていたせいです。 

 

名前は伏せますがメジャーなシリーズは大体過剰に入ってました。

 

配合していた理由はダメージを抑えてくれるのと手触りや艶が綺麗に出たからです。問題なのは過剰に入っていたシリコーンが油溶性だったこともあります。

 

使用するたびにシリコーンコーティングがすすみべたつきが出て乾きにくくなったり健康なキューティクルほど吸着するので一部の方が根元がべたべたにくっついたりしました。

 

美容師の間でもそのシャンプー使われている方を警戒するようになっていきました。

 

コーティングされすぎていてカラー剤がはじかれ染まらない😱パーマ材をはじいてかからないといったことが起こってました😨そういった方が使っているのが当時世間で人気のあった商品でした。最近は配合量は改善されたみたいです。それでもコーティングすごい方いますが。

 

こういった声が大きくなったころに出たのがノンシリコンです。

 

あるメーカーさんがこのシェアの部分に切り込むための戦略の一つでした。

 

完全にシリコンを悪いものだという戦略で一気にシェアを広げました。広告宣伝費すごそう笑

 

先ほど書いたようにシリコーンはダメージも軽減してます。←ここ重要🤔‼️

 

一般のシャンプー剤の基剤は高級アルコールがほとんどです。

 

基剤を言い換えると界面活性剤です。高級アルコールって初期洗い洗剤などによく使われています。それにシリコーンをたっぷり入れたものがほとんどです。洗浄力も肌への刺激も強いです。

 

それだけ洗浄力が強いものからシリコーン無くしたらギシギシになりますしダメージも半端ないです。そのギシギシ解消のためトリートメントにはシリコーン入ってますから。

 

入っていないということは摩擦も多く、さらに痛みます。シリコーン悪い物ですか❓❓

 

比較的洗浄力などマイルドなアミノ酸系などは高価なので市販ではなかなか出せません。宣伝費・・・

 

シャンプーや基剤についてはまた長くなるので別の時に書きます。

 

ノンシリコンシャンプーをお勧めすると、健康毛、細くてべたつきやすい方くらいではないでしょうか。あとはベリーショートなどの短髪の方メンズなどです。洗浄成分に気を付けたうえでですが。

 

ダメージ毛の方が使用するとダメージ加速します。

 

to B で扱っているDepthはノンシリコンですが頭皮への刺激は少なくロング用だと洗浄力もマイルドです。ショート用は7センチ以下の髪用なのでしっかり洗いますが肌への刺激はマイルドですし、酸性石鹸タイプのため髪への負担も少ないです。

 

 

髪の毛は治るものではないのでいかにダメージを出さないかです。

 

トリートメントも治しているわけではなくダメージに強く手触りを良くしているものです。トリートメントについても別記事で書きます。

 

まとめるとシリコーンの悪いところは油溶性の物だと蓄積しやすく過剰だとべたついたり、カラーなどの時に染まりづらかったりする。

 

いいところは、手触り、艶、シャンプーのダメージ軽減をする。

 

ノンシリコンはシリコンが入っていない物で、物によってはいいものもある。ダメージ毛の方には向かない。

 

少しはノンシリコンシャンプーの疑問解決しましたか?

 

ここで詳しく書けてないものについてはまた書いていきます^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です