メンズメイク メイン
メンズメイクtoB メイン

🐾イケメン変身 シモヤマ様🐾

こんにちは。to B HIROKI です✂️

シモヤマ様から掲載許可出ましたので久々にブログでご紹介となります。ありがとうございますm(__)m

 

 

今回はプロフィール写真の撮影でカットやパーマ、メイクとフルでさせていただきました。

 

理想のヘアスタイルは決まっていたのでバランスに持っていけるように骨格や顔のバランスをもとに作り変えました🎉

 

この日はお友達も一緒に来られたので二人同時に行いましたm(__)m

 

まじめな表情から優しそうな表情までいろんな表現で撮影です。

 

撮影が進むにつれて硬さも取れてより自然に😆

 

 

そのあとはSNSなどにも映えるようなショットもいくつか。

 

 

 

 

  

 ライティングを変えることで雰囲気もかなり変わります👍

お友達と一緒に撮影もできます。

 

ご来店、心よりお待ちしています。

 

 

URUTIER OIL

こんにちは。HIROKIです。

 

今回は流さないトリートメント ウルティアオイルのご紹介です。

 

 

ちなみに流さない「トリートメント」とは言いますがトリートメントと同類ではありません。カテゴリーとしてはスタイリング剤になります。

 

以前のブログで書いたように髪の毛にとって脂質は3.5%ほどしか含まれていないので補修という意味での効果は薄いです。特に髪の内部になじむオイルの種類は限られています。

 

 なぜ流さないトリートメントかというとスタイリング剤といってしまうと、ワックスやスプレーなどと混同してしまい使用方法がわかりにくくなるのと、コーティングすることで手触りを良くしたり艶が出るためです。また、乾かすときの摩擦やドライヤーの過剰な熱から守ってもくれます。

 

 ここでこのウルティアCは髪の内部から保湿してくれるオリーブオイル、ローズヒップオイル、ダイズオイルの3種類が入ろうされています。

 また、ダメージや年齢により減少していく脂肪酸の「パルミトレイン酸」が豊富なアボカドオイル、マカデミアナッツオイルはいごうで補修効果も高いです。

べたつきを抑え酸化の安定しやすいホホバオイルや保湿効果の高いスクワランオイルにより質感もyわら角田持ってくれます。

 

またドライヤーの熱に反応してコーティング力が高まり手触りも良くなります。

ダメージ毛にはもちろん剛毛で硬い方やアイロンや縮毛矯正で硬くなりがちな方にもおすすめです。

 

URUTIER TRITMENT

こんにちは。HIROKIです。

 

今回はシャンプーに続いてトリートメント(ウルティアC)をご紹介です。

 

勘のいい方はCという部分でシャンプーはSなのにトリートメントでCとA・Bはどこへ行ったの??となるかもしれませんが先にCのご紹介です。

普段使いとしてはこのCがメインのトリートメントになります。

 

 

様々なダメージ補修に優れ保湿力がかなりしっかりしているためカラーやパーマでダメージを受けた髪にお勧めです。

 

保湿成分としては、ヒドロキシエチルウレア、セラミド2・3・6、フィトステロール、リピジュアなどが配合されています。

 

ヒドルキシエチルウレアとは尿素の一種になります。縮毛矯正やアイロンでの熱で固くなった髪を柔らかく導いてくれます。近年の研究で生卵に混ぜるとゆで卵にならなかったり、ゆで卵から生卵に戻すということが可能になったりましたがその技術に関係している成分です。

 髪の毛も主成分はタンパク質です。アイロンなどの熱ダメージでも水分を保持する力がなくなっていくためそれを解消する効果が期待できます。

 

セラミドは、タンパク質の一種ですが油分と水分の両方とくっつく効果があるのと分子量が小さい為浸透しやすいです。大体の物は、油分か水分の片方としか相性が良くない非常に珍しい性質で髪の補修をしてくれます。

 補修とは治しているわけではないですが隙間を埋めてくれたりコーティングで守ってくれることを指します。

 

フィトステロールも保湿効果や髪を柔らかくする効果があります。

 

リピジュアも保湿効果ですがヒアルロン酸の2倍の保湿力があり1グラムで12リットルの水分を保持できるといわれています。高級な化粧品にも使用されます。

 

他にも艶とハリを与えるキトサン、ドライヤーなどの熱によりコンディショニング効果を画期するγードコサラクトン、毛髪ダメージを抑えるリン酸アスコルビルMgなど髪にうれしい成分が配合されています。

 

 

と色々並べてみましたが、かなりマニアックなシリーズになります。ウルティアBやサロン専用のウルティアA、ウルティアBSでもまた違う成分なども配合されています。ダメージケアに欲しい機能が網羅されています。次回はウルティアオイルをご紹介しようかなと思います。ほかのA、B、BSはさらにしっかりしたケアでマニアックなために後に回します。

 

 

 

🌹URUTIER SHAMPOO🌹

こんにちは。to B のHIROKI です😆

 

当店で取り扱っているウルティアについて書いていきます。当店のトリートメントメニューでも使用しています。

 

このウルティアシリーズはダメージケアにお勧めです🎉

 

シャンプー、ウルティアB、ウルティアC、ウルティアオイルがホームケア品になりますが今回はシャンプーをご紹介します。プロのトリートメントではもう少し種類が増えます。

 

 

まず、ベース基剤になっているものがココイルグルタミン酸2Naという界面活性剤です。特徴としては肌や髪への負担がかなり少ない泡立ちのいいPPT系のシャンプーです🌠

他にもラウラミドプロビルベタインというベタイン系界面活性剤も使用されていてこちらも赤ちゃんにも使用可能な優しい成分です。負担の少ない界面活性剤を複数使用することで洗浄効果を高めても負担の少ないシャンプーとなっています😆

洗いあがりとしては、保湿効果が高いつくりの為しっとりします。

  

また活性酸素によるダメージを抑えるため抗酸化作用のあるエルゴチオネインやエイジングケア効果としてフルボ酸が配合されています。

 

水道水にも含まれる金属イオンを除去する効果のあるエチドロン酸が配合されているため髪のごわつきを抑えてくれます。

 

  金属イオンについてはカラーの発色を悪くもするので除去する事で艶が出やすくなります。

 

敏感肌の方にも使える校に抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kなども配合されています。

 

かなりマイナーなシリーズですが、髪のダメージケアに特化したシリーズです。弱った髪を強い髪へと補修して導いてくれます。

 

パーマやカラーを繰り返してダメージが気になる方にお勧めです🤣


トリートメントなどについても次回書いていきます。

😆メイク体験 MASATO様😆

こんにちは。HIROKIです😁

 

久々に掲載許可いただけたのでご紹介致します😂

 

別の以前別のお店でメイクした時にあまり変化がなく残念だったからリベンジということでご来店くださいました( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆

 

カットの予定はなかったのですが、ご相談していたところ迷ってあったのでカットもすることに。カット前の写真の撮っておけばよかったとあとになって気づきました( ; ゜Д゜)

 

カットに関しては目標のスタイルがあったので基本的な長さは変えずに、骨格上前頭部が重くなりやすい方だったのでその部分が軽くなるようなカットにしました。もともとすいてはあったのですが、束感は出ない切り方だったためそこも修正して束が出やすいようにカットしてます。 

 

スタイリングにかけてもいい時間は30分といわれましたが、1分以内でできるようにしました。シャンプーからだと30分かかりそうですね^^

 

メイク前

 

カット後です。

 

メイクでは奥二重を二重に修正後、目を大きく見せるメイク、肌をきれいに見せるメイクをメインに行いました🌠

 

最近ユーチューバーのよ〇きさんにあこがれてご来店される方も増えました( ̄∇ ̄*)ゞ

 

アフター

 

 

好青年な印象に😂もちろんアプリなど不使用

 

目がはっきりしたことと、肌が綺麗に見える事で印象も変わりました💖軽くシャドーもいれてます☺️

 

写真掲載の条件が、変身したと思えたらでしたので満足いただけてよかったです。 また、お待ちしていますm(__)m

👻ペニー〇イズ コスプレ(旧型)🤡

 

こんにちはHIROKIです😄

 

先日店内衣装を眺めていたら旧型ですがペニー〇イズの衣装があったためメイクをしてみました。

 

髪の毛も探したところマスクと一体型だったため、ウィッグにカラーワックスをつけてみたものと、使いどころが難しい赤のドレッドのウィッグで試してみました🙄

 

 

自撮りですが雰囲気作りで照明落としホラー感を出してみました😂

 

こんな感じです。

表情づくり苦戦中 笑

何とか狂気じみた表情作りたい

コスプレ撮影お待ちしています🤡

 

 

ハロウィンは終わりましたが特殊メイクのご予約もお待ちしています。

 

コチラのメニューはWillkyをご確認ください^^

👻Halloween ではなく 死者の日 メイク👻

 先日、日本へ観光に来られた外国人のお客様から掲載許可いただけました😂

 

本番は終わったけどハロウィン仮装をして遊びに行きたいということでAPAホテルさんが探されて当店にオファーいただきました😁

 

スカルメイクというのかな?わかる方いたら教えてください^^

 

なんでもメキシコ版ハロウィンといわれる、メキシコの伝統的な死者の日祭りでのメイクをご希望でした👻

 

ガイコツがかっこよくかわいくデコられてるものでした。

 

 

 

この後、渋谷の街へ飲みに行かれました^^

😆男装モデル 杉浦アヤカさんが遊びに来てくれました😆

 こんにちは HIROKI です。

先日、青色系雑誌などで活躍中の杉浦アヤカさんが遊びに来てくれました😆

  

アヤカさんとは少し前にE-girlsさんの番組でご一緒して以来でした😁

  

今回は HANA がメイクをしつつ画家の方を連れてこられてボディメイク、バースデイに使用する写真にしようということで専属のカメラマンの方もあとから合流されました。

 

まず、いつものように衣装から決めていったのですが、メンズ服の方を見ていましたが矛先が変わりコスプレ衣装のほうに白羽の矢が立ちました

 

それらを組み合わせて独自のファッションへと作り込まれてました。実はスタイリストやブランドとのコラボもされてます。

 

専属のカメラマンさんの横ですこし写真を撮らせてもらい掲載許可をいただいたので少し紹介いたします😂

 

 

 


👻黒田 歩様 ハロウィン仮装編🧟‍♂️🧟‍♀️

こんにちは。 HIROKIです。

 

ついに黒田歩様3部作最終章の仮想メイク編が公開されました👏

 

今回の内容は会話などが長すぎて・・・

 

・・・

 

・・・

 

 

 

なんと前編後編の2話となってしまっていました( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆

 

総集編ということもあり総評的な感じでまじめなのかふざけているのか脱線しまくりな会話となっています🧟‍♀️

 

犯人は司会進行の?

 

ガヤ担当の??

 

お笑い担当の???

 

青田奈々未さんによるものです。

 

お前のせいだ

 

 

この時はこのチャンネルの立ち上げのボスだったのですが・・・卒業だそうです。

 


なんと最近別のユーチューブチャンネルの大手事務所から引き抜かれて行ってしまったようです。チャンネル登録数千数万行ったらまた企画に使ってください🧛🏻‍♂️🧛🏻‍♀️

 

普段は美容室利用できてくれてます^^感謝カンゲキ雨嵐です。

 

 

とかなり脱線しましたが本題に入ります。

 

コスプレサロンとしてはWilky としてブランドを立ち上げていますが、場所は同じで店内(内容)で分けています😍

 

今回3変化ということでイケメン編、コスプレ編、特殊系と振り切った内容になりました🤡

 

その最終編が仮装です。

 

前編はこちら

PON PON PuooooorN

 

白塗りが意外と大変です。通常のファンデーション以上にムラになりやすいので慎重に行っています。感性で仕上げたほうがオリジナリティもでて面白くなっています👻

 

余に従え

 

後編はこちら

 

3.2.1 Baaaaaarn!!!

 

青田さんが撮影中言っていたのですが、平均年齢48歳なるグループがあるそうです・・・毎年一番下の子が抜けていくシステムだとかなんとか( ・∇・)

 

Wiikyのハロウィン予約も始まっていますので早めのご予約をお待ちしています😆

 

ヒャハハハハハッ

 

 

ウィッグカットもある場合は早めの準備がお得になっています。予約状況によっては当日のウィッグカットなどができない可能性もあります。

 

ハロウィンナイト楽しみましょう😎

 

ハロウィンパーティーなどの会場での出張メイクのご相談もお受けしております👻

 

さあ、無に帰ろう レクイエムと共に

 

今宵の獲物は・・・みーーつけたーーーーー

 

trick or treat!”

💆市販カラー剤とプロ用の違い💆

こんにちは。HIROKIです。

 

今回は市販のカラー剤(セルフカラー)とプロ用(美容室カラー)を書いていきます😻

 

市販品は素人さんが使うためプロ用に比べてシリーズ内の色数はかなり少ないです。プロ用品になると一つのシリーズで100色以上あります😲これを市販で売ったらわからな過ぎて手に取れないですよね。いくつかのメーカーでこれだけ市販を揃えたら売り場も大変なことになりますね🙅

  

他にも市販品はどんな人が使っても染まるように配合されています。軟毛の方や剛毛な方までさまざまです。そういった場合剛毛の方のほうが基本的には染まりにくいので剛毛の方でも染まるように作られています。

 

プロは髪質によって薬剤を調整します。例えば7レベルにしたいとなったときに軟毛の方であれば弱め(暗め)に作ります。それでも明るくなりやすいです。剛毛の方だと少し強め(明るめ)に作らないと7レベルまで明るくなりません。素人の方ではこんな調合わからないので剛毛の方に合)わせます。剛毛の人が使って「これ染まらないからよくないよ」と噂にならない為でもあります。明るくなりすぎたより染まらないとなったほうが売れなくなるためです。

 

中身の部分をこの後書いていきます。

 

染料(色味)の違い。

 

 染料の優劣の差はほとんどないのではないでしょうか。プロ用品であっても色素の配合はメーカーさん別に特許があるため同じものはありません(* ̄ー ̄)

 

同じアッシュというカラーの色でもグレー系、ブルー系、ヴァイオレット系と様々です🌟 (アッシュは基本的にブルー系の色のことです。)レッドにしてもナチュラルにしても全部違います。市販であってもプロようであってもすべてのメーカー、ブランドで違います🌠

 

染料(ライトナー)の違い

 

ライトナーとは文字通り明るくするための染料です。プロ用の物は色素とライトナーの配合バランスの違いで明るさの違いを作ってます😁

 

もちろん市販の方も同じですがプロ用になるとナチュラル系で3レベルから13レベルまで1段階づつあります。色味の物で5レベルから13レベルまで1段飛ばしであります。市販はほとんどないと思います。あってもナチュラルで3段階くらいアッシュなどに至っては一色のみも多いと思います。

 

明るくする力が強いとそれだけダメージは大きくなりますが市販品は不必要なパワーを持っているということになります😫

 

余談ですが当店ではレベル帯はあまり多く用意していません。ライトナー配合量で調整できてしまうからです。チューブに入っているものは劣化により少なからずパワーダウンを起こすためライントナーの配合量が若干多くなっているそうです。劣化した時にも表示の明るさを維持するためです。当店はそこを配合で賄うため計算は難しくなりますがダメージを少なくすることができます。

 

また暗くしたいときには明るくする効果のないクリア剤で色味を薄めて染める事もできるためさらにダメージを抑えることができます💖

 

アルカリ剤の違い

 

プロ用だとアルカリ剤はアンモニアがほとんどです。揮発性に優れているため髪に残りにくい為ですが臭いがきついです😫それでも髪に残りにくい為に余計なダメージを与える時間が短くなります。市販品は臭いが嫌がられるので臭いの少ないアルカリ剤が使われます😁

 

しかし臭いがしにくいと言うことは、揮発性は弱く髪から抜けていきにくくダメージを受けやすい状態が長く続きます。そのため市販品のほうがダメージをより受けてしまいます😵

 

アルカリ剤が入っていることで髪の毛を膨潤させキューティクルを開き薬剤を髪の中で作用させることができます。染めたりパーマをかけたりには欠かせない存在です🤔

 

コンディショニング成分の違い

 

ここに関しては市販も良くなってきているため昔ほどの差はないですが濃度などでは差があるようです。頭皮や髪を保護するために入っている成分です😋

 

2剤(オキシ)の違い

 

市販品は6%一択です。法律的な部分もありますが日本で認められている最高濃度のパーセンテージになります。市販は6%しか扱えません。

 

プロ用は1.5%から6%まであり海外では12%なんてものもあります。濃度が上がることによって酸化力が上がるためパワーが強くなります。パワーが強くなるので明るくする力が強くなります😀

 

美容師はこの濃度の使い分けもすることですでに染めている(明るくなっている)既染部には明るくする必要がないため3%などの酸化力の弱いものを使用します😆それ以下の物は色の出方も変わってしまうためちょっと特殊な使い方になります。市販だとこの調整ができない為セルフカラーを繰り返す毎に明るくなっていきダメージも大きくなっていきます😱

 

 

市販カラーの注意点

 

市販の白髪染めや黒染めにはたまに銀や銅の成分を使って赤みを補っているものもあります。これを使ってしまっていた場合違うものを使ってしまうと銀や銅が酸やアルカリにさらされ緑化してしまいます( ; ゜Д゜)こうなってしまうと切るしか手はありません😞溶けてこびりついているため除去の方法がない為です(;_;)

 

アシスタントの時先輩のお客様で緑になったと来られた方がいましたが黒くしても、マニキュアをしても緑っぽさは取れません。ブリーチをしても緑が強くなるだけでした。セルフカラーをするときはこういったリスクを理解したうえで行うか美容室でのカラーを避けることをお勧めしてます( ̄^ ̄)

 

ここからはちょっと違いますがセルフとプロの差です( ・∇・)

 

技術の差では、塗布量の差が出てきます。頭の場所によっても染まりやすい染まりにくいがあります。そこで塗布量の差で調整しますが塗布量の差がムラに直結します😱塗れていない部分は論外ですが明るいカラーほど差が大きく目立つようになりダメージのムラにもなります。

 

セルフで一度できたムラを直すのはほぼ不可能です。一本一本部分的にもムラになっているためごまかすのが精一杯です😞

  

知識の差では薬の特性がわからないで行うと思ってもない色になります。これは美容師も同じで使ったことのない未知の物だと失敗も多くなります😵そのためカラーテストなどを行い発色の仕方などを調べて使いこなせるようにしていきます😆ブリーチ後のカラーなど明るめのカラーではここがわかってないととんでもない色になります😁

 

 

市販とプロ用との差はこんな感じで差があります。調べるとまだまだあると思います。セルフカラーをされている場合どういった状態になるかこちらでも予想できない為、最悪のケースをお伝えして選んでいただいてます。基本的にはお断りしています😵それでも行いたい場合はこちらとしても修正ができない以上責任は取れない為、自己責任の上で行わせていただいています。

  

実際にこの状況で行い訴えられたという事件も多く存在して美容室側には口頭での約束だと勝ち目がない為、理不尽ですが念書など頂くことになります。セルフでする際は自己責任の要素が強くなってしまいますのでご注意ください。